ほろ酔い日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨竜沼湿原からの流れ

<<   作成日時 : 2008/07/13 10:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

金曜日の午前1時に自宅を出て、約2時間で
夜明け前の入渓地点に着きました。
オドメーターは、ちょうど100km。


画像

夜が明けました。
上空に寒気が入り、雨の釣りになりました。
この河畔林のむこうが流れです。


画像

このポイント、自動車から、30秒の地点。
非常に楽で、申し訳なく思います。
型は大きくないですが、ネイティブのニジが出ます。


画像

雨が強くなりましたので、川通しで入渓地点へもどりました。
水位も上がり、濁りも出てきました。
その30分後、流れは渡渉できないレベルに。

山岳渓流の怖さを実感いたしました。
食料の調達のため、雨竜町へ下りる途中、雨竜側の登山口に
寄りますと、遭難者の情報が。

小屋の方が、ヒグマの動きを心配されておりました。
雨の山中での無事を願って、登山口を後にしました。

帰宅後、新聞で男性登山者の死亡を知りました。心からご冥福をお祈りいたします。







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
なんと、大自然はダイナミックですね。
その分危険も多いんですね。
せっかく朝早くおきてでかけたのに残念でしたけど、ここで無理して次にいけなくなったら大変ですよね。
ああじゃん
2008/07/13 11:31
ああじゃんさん、ありがとうございます。
麓の町で温泉で汗を流した後、食料を購入して
ふたたび山にもどり車中泊。
バーボンで酩酊し、19時ころ記憶を失いました。
hide
2008/07/14 21:49
こんにちは〜
やはり自然は畏敬の対象ですね。渓流は急な増水とかがあるんでしょうね。そこでは降っていなくても、上流で降っていたりとかすると・・。でも気持ちよさそうですね、渓流は・・。
やし
2008/07/17 21:28
やしさん、ありがとうございます。
今回のような単独行の場合は、特に用心しています。
夏とは云え、着衣が濡れますと想像以上に
体温が奪われます。
どんなに晴天でも、レインウエアを持って
釣行しております。
hide
2008/07/19 04:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
雨竜沼湿原からの流れ ほろ酔い日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる