ほろ酔い日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 余ったフライたち。

<<   作成日時 : 2008/11/24 11:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

容器の中は、今シーズン、タイイングしたドライフライです。
60本くらいあるでしょうか。

おそらく、これらのほとんどは、もう使うことはないはずです。
長い冬の間は、来シーズン用に新しいフライをタイイングします。

半年の間、渓流には立てませんが、
これだけはしょうがないですからね。

フライボックスが新しい毛鉤で埋まるころ、
新緑が芽吹き、夢のような季節がはじまります。







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
タイイングは疑似餌を結んで作ることなんでしょうね?
古いフライはやはり性能が落ちるんでしょうか?
勿体無いような気もしますが、タイイングするのもきっと楽しいんですよね。
ああじゃん
2008/11/24 21:35
ああじゃんさん、ありがとうございます。
おっしゃる通り、タイイングも楽しいものです。
一本を巻くのに十五分から三十分かかります。
緑の渓流と美しいマスのことを考えながらの作業です。
ホントの話なのですが、一年365日、フライ釣りのことを
考えています。(笑)

hide
2008/11/25 21:12
ええっ、これだけのフライもう使わないですか??
もったいない〜。
タイイングのことは以前このブログで学びましたが笑、なんで年越ししたものは使わないんでしょうか?特別な理由でも?
あ、もしかして、冬の間にたくさん作りすぎちゃうから??
やし
2008/12/05 22:32
やしさん、ありがとうございます。
不精者の私ですが、フライの出来に関しては別問題です。
過去に巻いたフライに、満点を付けることが出来ません。
ベストのフライボックスの中身は、常に最強を
揃えたい訳ですね。
ああ、そんな二軍落ちの毛鉤が五百本ほど。
難儀で、お金を要する世界でございます(笑)
hide
2008/12/06 20:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
余ったフライたち。 ほろ酔い日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる