ほろ酔い日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 準備完了

<<   作成日時 : 2009/04/25 09:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

フライ釣りの大切な道具のひとつがリール。
リールも人それぞれに、こだわりがあるようですね。
この春、一つ追加して三つでシーズンをむかえます。

画像

画像

英国製の3番、4番用。フライを始めるときに仲間から譲っていただきました。
小渓流で酷使しましたので、すり傷が多数あります。
(A君、これ無償でよかったんですよね。今さら、遅いのですが。)



画像

米国製の高性能リール。
大きいニジマスに対応するため、仲間から破格の値段で購入。
5番ラインを収納。残念ながらまだ大きいのは釣れません。




画像

画像

美しいデザインの米国製。
5番ラインを納めて、新調のバンブーロッドに装着して使います。
こちらも仲間から半値以下で譲っていただきました。

釣りのための道具が整ってまいりました。
今日は、シーズン初のキャスティング練習をしましょう。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
道具も充実し、実技の練習もしたらあとは川が開くのを待つだけですね。フライのラインって言うんですか、釣り糸が大きいですね。
ああじゃん
2009/04/25 20:17
ああじゃんさん、ありがとうございます。
「川が開く」と言う玄人的表現、恐れ入りました。
軽い毛ばりを遠くに落とすためにラインの
重さが必要なのですね。
hide
2009/04/26 11:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
準備完了 ほろ酔い日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる