雪代岩魚

画像


画像


北国の河川は、この時季、ヤマメは禁漁ですので、支流のさらに枝沢で
岩魚狙いの釣行になります。

雪どけで増水する支流を遡ると、いくらか水量も落ち、なんとか竿を
出せるようになります。

林道から雪の斜面をお尻ですべり降り、早春の流れにエサを送りこむと
冷たい雪代に磨かれた美しい岩魚を釣ることができます。

25~30センチのエゾイワナですね。
雪代からでる彼らは、実に美しいですね。

私の場合は、バーブレス・フックを使用します。
100パーセント、リリースの釣りです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

忘れな草
2006年06月01日 20:42
hideさんは、こういう風景の中での釣りなんですね。こちらでは、雪があって魚を釣るというと「わかさぎ釣り」です。まだまだ雪が多いですね!くれぐれも気をつけて・・・
2006年06月01日 21:39
忘れな草さん、ありがとうございます。
今日から6月、北国は、“リラ冷え”です。
日中も15度くらいですね。今朝はストーブの
スイッチを入れました。(笑)
来週の週末は、帯広市郊外、十勝連峰の山ふところで
遊びます。

この記事へのトラックバック