私の渓流遍歴

渓流釣りの魅力を知ってから15年くらいになります。
娘が生まれて、生活も少し落ちついたころに、2サイクルのオフロードバイクを
購入した訳です。

山みちや林道を走っていたのですが、ある日、登山口近くの渓流に
3メートルほどのグラス製の竿を持参しました。
仕掛けは、子供のころと同じく、玉浮きをつけて。

画像エサのイクラをつけて振りこみますと
15cmくらいのヤマメが釣れてしまいました。

フナやウグイとは全然ちがう魚信。
ああ、これが渓流釣りなのか。

結婚前、初めて家内の実家に伺ったとき
義父に、「釣りはしますか?」と尋ねられ、
「小学生のころ、ウグイやフナを少し。」
と答えるのが精一杯でした。
画像
緊張しながら、義父が通った秋川や奥多摩、
日原での釣りの話を聞きました。

渓流釣りを始めたのも、義父の話の印象が
どこかにあったのかもしれませんね。

今シーズンから、遡行のための足元の
装備を変更いたしました。
長年、ウエーダー(胴付き)を使用していましたが
渓流シューズに替えてみました。
画像水深のある渡渉のときは、やはり
シューズの方が安定するようです。

ほとんどの釣行が単独ですので
事故は起こせません。入渓地点は
電波も、もれなく圏外ですし。

この夏も、無理をせず、いい渓流の旅を
楽しみたいものです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年07月17日 22:44
お久しぶりです。そちらもいよいよ渓流釣りのシーズンに入り、hideさんも充実した休日を過してらっしゃるようですね。こちらは連日の雨天にうんざりの毎日です。そんな時、北海道からの暑中見舞いはうれしいおたよりでした。
2006年07月18日 21:12
yookoさん、ありがとうございます。
梅雨も末期になり、各地で被害が出ているようです。
甲州の方は、被害はありませんか?
先に、yookoさんが来道された時は初夏でしたが、
今、北海道もつかのまの夏です。
山の雑草を見ますと、もう秋への準備をしている気配。
そうそう、富良野ではラベンダーが盛季だそうです。

この記事へのトラックバック