山の本と、沢野ひとしさん

画像

山の本(白山書房)の第一巻を書店で購入したのが
1994年(平成4年)でした。

今年、白山書房も創業三十年だそうです。
おめでとうございます。

67巻 (2009年春)から、沢野ひとしさんの
新連載、「山の雑記帳」がはじまりました。
今回は、ストーブのおはなし。



画像

週末に「山の本」と、「へんな人間図鑑」 kkベストセラーズを
購入しました。

沢野さんのイラストレーションが好きです。
誰にも真似ができない世界です。

さらに、文章がいいですね。
彼の美しい文章に接するといつも、ため息がでてしまいます。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年03月22日 20:02
山好きな人の山好きな人のための山の本。作者が一番楽しんでるのが読者を引きつけるんでしょうね。
2009年03月23日 20:57
ああじゃんさん、ありがとうございます。
出版不況の中、白山書房さんは堅実ですね。
好況の時も、あえて広告収入なしで。
読者がつくる雑誌と云えます。

この記事へのトラックバック