無事に帰ること。

装備を整えて登山道へ入る最初の一歩目が好きです。
2歩、3歩まで。

5分で、あっけなくバテました。
テントと水、お酒と食糧が重い・・。

何とか、大雪山の山旅を終え無事帰りました。
筆者は、初めての大雪山系入り。

高度が高い山は勿論ですが、低い山、谷筋への入渓には
今後も安全第一で入ります。

家の玄関で、装備を解く時にまた次の旅が始まりますので。
ですから、無事に帰ることが大切なのです。


つづく。



画像

夜明け前の高速道路を北上しました。



画像

一泊でしたので装備は17kg。
今、あのアプローチの登りをこなす自身はありません。



画像

久しぶりの登山は、バテバテでございました。
それでも、下界での疲労とは違っておりましたね。

小屋で、500円のビールを購入。
雪渓の温度の液体は、しみじみ美味しかったですよ。


画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2010年09月01日 19:40
凄いですね。山登りもするんですね。
雪渓で冷えたビールなんて美味しいんでしょうね。
2010年09月01日 21:35
ああじゃんさん、ありがとうございます。
ああじゃんさんも日夜頑張っておられるので
ひとつ僕も発奮・・!(笑)
辛かった!でも楽しかったですよ。
2010年09月02日 23:54
おお、山に入られたんですね。しかも、今回は登山!
60リッターのザックは憧れですね。装備も重いけど、やっぱ山で飲むお酒はひとしおかも。
安全第一はまさにその通りと思います~。
2010年09月03日 21:08
やしさん、ありがとうございます。
小屋を使う手もあるのですが、2kg増やして
テント泊の方を選択しました。
復路もアプローチを下りましたが
長い道でした。

この記事へのトラックバック