山の道具、渓の道具。

画像

リチャード・ホイットレーのフライ・ボックス。
9つの枠に春に結ぶフライが納まりました。



画像

LANDLOCK製のフォーセップ。
昨日、市内のショップで購入。大切に使います。



画像

こちらは、仲間のA君に差しあげた小物。
標高2千メートルで食べる山飯は、なぜか美味しいのです。



画像

近年、渓より山と写真に熱心なW君には、北アの写真集を。
書店で他の書籍も手に取りましたが、高木誠さんが魅力的でした。



(株)モンベルと東京新聞のHPより画像をいただきました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

大将
2012年01月20日 21:28
hideさん、こんばんわ(^^)v
大将ぢゃ!にお越しいただきありがとうございますm(__)m
道具って面白いですよねぇ
FFを始めたころは使えればなんでも良い
安けりゃなお良いなんてぇ感じでしたが
少しづつこだわってくるんですよねぇ
特に趣味のモノには金額だけではなく良いものを使いたいですね
なんていうか作り手の気持ちのこもったものですかねぇ
先日、FFショップでLANDLOCKさんのフォーセップ見ました
この記事を読んでいたので
一瞬購入を考えて一時保留にしましたぁ
2012年01月21日 03:41
大将さん、ありがとうございます。
この趣味も物欲との戦いですね。
特にシーズンオフの今頃がピークです。
先日も中古品を扱う店を数軒回りましたが
ロッド、リール、シューズなどが早く来ないと無くなるよ~と日夜誘惑するのです。
シーズンが始まれば少し落ち着くのでしょうか(笑)。

この記事へのトラックバック