来シーズンの釣りに備える。

画像

北海道の初夏のフライフィッシングにむけてマテリアルと装備を補充しました。
5パックを手にとって、これだけ持っていっても大丈夫?と確認の上。

「このラムズウールは札幌産ですよ。」とのこと。
最低減の脱脂処理ですのでドライフライには良さそうです。

もうひとつは、ウェーディングスタッフ。渡渉用の杖ですね。
もともと渡渉が苦手で仲間に助けられることが何度もあった訳です。

フリーストーンの遡行で膝上の流れの渡渉は正直怖いのです。
少しでも安全に楽しみたいものです。


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ヨシボ
2016年12月19日 11:54
をををっと 着々とインドアフライフィッシングですね。
私のこの冬の目標は
カモのグレーフェザーをウイングにつけた
ドライフライ作りです。
本当はノーハックルフライがカッコいいのですが
ウイングが下手でうまくつけられないので・・・
お互いに 見せっこしましょうね のジャンジャン。
2016年12月20日 04:22
ヨシボさん、ありがとうございます。
スピナーやダンのフライは、これぞドライフライと
云う感じでこの時季に巻くのは楽しいですね。
昨年の冬はウエットフライの泥沼にはまりましたので
今冬はドライの比重を高めようと思います。

この記事へのトラックバック