6月の釣行。

北海道各地では降雨と日照不足の初夏でした。
それでも空知へ2回、オホーツクへ2回の旅をしました。

ほとんど毎週ですね。
がまんした冬がありましたので・・。

下の流れは名寄川の上流ですね。
ドライでは厳しいかもしれません。

もし時間があれば、夕刻の釣りもいいかもしれません。
以下は名寄盆地の風景と、十勝連峰のスナップ、札幌市北区の風景です。

6月は大きな魚を何度もばらしました。
まだまだ精進が足りません。


画像


画像


画像


画像




平日のフライ・フィッシング(2016年6月) 続編。

画像

2週連続のオホーツクです。
しつこいですね。


画像

入渓前にラーメンをすする筆者。
元気です。

今週は札幌市の竹竿職人、イワタさんと。
前日道の駅で仮眠して、午前中の釣りでした。

いろいろありましたが、おつかれさまでした。
最後の魚、アキアジ並でしたね。


画像


大雨洪水注意報でした。

6月17日(金)、雨の中、落合に集合。
予想はしていましたが、この流れでは2、3日無理ですね。

まずは、東屋にブルーシートを掛けて酒盛りです。
お酒を飲むのなら、200kmも走らなくてもいいと思いますね~。

翌土曜日は初めての川をのぞいてみました。
あやしい流れでしたが、ドライには出ませんでした。



画像


画像


画像


画像

6月の北海道に感謝。(2016年)

諸事情で泊まりの釣りができないのですが。
昨日は20年以上通う山岳渓流へ。

流れへのアクセス、昔はダートでした。
現在は完全舗装。

午前7時入渓、同9時まで。
それにしても、6 月の山はしみじみ美しいですね。

水かさは10センチくらい多かったですね。
でも、水温8度の流れの中層から美しい魚が出てくれました。

例年ですと、この週は十勝の流れで振っているのですが
今回は、2時間圏内でした。



画像


画像


画像

5月のフライフィシング-3

5月28日(土) 晴れのちにわか雨。
道の駅に15時すぎに集合できました。

海鮮の幸、ご当地の串などをご馳走になり、21時消灯。
翌朝は3時起床。

魚は10時以降に出るとみて、入渓地点で仮眠。
魚は上を見ていないですね。

水量も少なく、難しい遡行になりました。
そのかわりタケノコを少しだけ採りました。

画像


画像



画像

5月のフライフィッシング-2

画像
5月21日(土)、快晴。
自宅を午前2時に出て、余市川支流へ。

午前4時には、いつも朝ごはんをする右岸へ。
水はセ氏8度。日が差すまで仮眠。


画像


画像


画像
最初に出たのは、桜系。
どんどん源流へ遡行。

今回のシステムは、イワタ・ロッドの3番とキネヤのカボス。
いいバランスです。

20年以上通う渓ですが、魚がかわりました。
イワナの渓だったのですが、源流まで桜系が生息しております。


5月のフライフィッシング-1

北国にもいい季節が来ました。
先週の日曜日、雪代の豊平川へ行ってみました。

冬の間にウエットフライを作りましたので8番のシステムで
流してみました。

魚はかかりませんでしたが、春の花を見ることができました。
水辺でフキを少しとって、早めの晩酌でいただきました。
(つづく)


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


半年ぶりの十勝でしたが。

画像

5月2日(月)十勝平野は快晴。最初にむかったのが、このあやしい流れ。
一年前この橋から入ったのですが、ヤブを踏む音でとんでもなく大きい魚が
悠然と左岸の深みへ移動したのでした。

今回は8番ロッドを用意して橋の上から14番のパラシュート・アントを投射。
音沙汰なしです。まあ、よくあることです。

夜は友人のお宅にお世話になりました。日中は仕事で忙しいなか
いつも通りあたたかくむかえていただきまいた。

今回はヤボ用ができて、あわただしく一泊の滞在になりました。
美味しい山菜料理と、楽しいお酒の時間をありがとうございました。


画像



画像


画像

十勝で一泊。

画像

道東自動車道を東へ。夕張からは長いトンネルの連続。
トマムを通過して第一狩勝トンネルを抜けると、この風景です。

十勝では先週は積雪があったそうです。
5月2日、晴れ。

空も、流れも良い感じ。
せっかくですから竿を出してから、今晩お世話になる友のお家へ向かいましょう。
(つづく)

画像


画像


沢野ひとしさんの山の本。

画像



画像画像


このところ、年老いた親の世話と手続きでした。
なかなかアクティブには行きません。

そんな時、本は安らぎを与えてくれます。
多くの本を読む訳ではありませんが、お気に入りの本があると
つい購入してしまいますね。


「人生のことはすべて山に学んだ」
沢野ひとしの特選日本の名山50

2015年11月19日 第一刷発行
著者 = 沢野ひとし
発行所 = 株式会社 海竜社
1700円+税

イラストレーター沢野ひとしさんの山の本です。
著者の文章が昔から好きです。

各ページに添えられたイラストにも癒されます。
各章が短いので夜、布団に入って読むのが楽しいですね。

タイイング・バイス新調。

画像

長らく道具の新調はしておりませんでしたが
昨日アンビル・APバイスを購入しました。

僕の4台目のバイスです。
今使っているオフト製は非常に使いやすいバイスでした。

新しい道具で、良いフライが作れるといいのですが、
ひとつづつ、命があるフライを作りたいものです。


画像

最後のウェットフライ。

画像

このオフは100本ほどウェットフライを巻いてみました。
非常に深い世界でした。

今日は、はじめてサーモンフックを使ってみました。
ハックルは昨日、新調したコック・デ・レオン。


なかなか、クイル・ウイングを使いこなせませんでしたね。
さて、明日からはドライです。





ホタルイカとフライタイイング。

画像

別居中の妻から、「こちらのスーパーでホタルイカを見かけましたよ~。」とのメール。
不仲の別居ではありませんので、呉々もご心配なく。

午後に娘と食材の買いだしへ。
車中、年齢の話。

私が25で、おんがが52。
今度おんどが58で、おじいちゃんが85。
まあ、どうでも云い話ですが・・。

ウエットフライもずいぶん作りました。
さて、そろそろドライですね。

娘とスーパーに入り、妻とのやりとりの話題をしながら鮮魚コーナーへ
行くと、なんとホタルイカが・・!

午後5時くらいからコップを持って、1本巻いてみました。
ウム~。あいかわらずへたくそでごめんなさい。







画像


画像


画像

鳥の羽根のこと。

いつも行く大型書店では、よく写真集の棚をのぞきます。
毎回手にとっていた書籍を購入しました。

「世界の美しき鳥の羽根」
藤井 幹箸
誠文堂新光社
2015年9月10日発行

副題は、「鳥たちが成し遂げてきた進化が見える」
3200円(税抜)です。

本書はフライタイイングの分野のものではありません。
スチルやイラスト、レイアウトも素敵なのですね。

写真は松橋利光さん、イラストは、舘野 鴻さんと、かわしまはるこさんです。
なかなか深い世界です。

ドライフライの場合、数点の上質なハックルケープがあればよかったのですが
ウエットフライの場合は、マテリアルの用意が大変ですね。

先ずは、フェザーを毛鉤に使用した先人に敬意を。





画像


画像


画像


画像

卓上フライ・パッチ試作品。

早いもので、もう二月です。
さっぽろ雪まつりが昨日、開幕されました。

市内は少雪で雪像作りの雪は、いつもより遠くから搬入したそうです。
山間部の積雪は例年と変わらないのでしょうか。

先週末は、フライ釣りの仲間と新年会でした。
楽しい時間はあっと云う間に過ぎますね。

皆さん紳士で私はただの、のん兵衛おやじなのです。
今年は少し、創造的に生きなくては・・。

と云う訳で、フライ・パッチを工作をしてみました。
サイズはスマートフォンくらいですね。

ネジ部がむき出しで、オシャレじゃないので、次は改良が必要です。
あっ、その前にまともな毛鉤をつくる方が大切です。



画像


画像

カメラ修理、3万円。

画像

3年前に購入した、FUJIFILM X10のピントエラーが頻繁に出るように
なりました。だましだまし使っていたのですが、とうとう常時エラー警報が。

見積もりをすると約3万円とのこと。
少し悩みましたが、修理をすることにしました。
起動しなければただの箱ですから。

いい機会ですから、最新のファームウエアにバージョンアップも含めて。
追加された機能を試してみました。

この季節、カメラメーカーから新製品が発表されていますね。
フルサイズのフラッグシップ機は無理ですが、そろそろ新しい機材が
欲しいところです。



画像


画像

ドライフライ巻きはじめ。

早いもので一月も後半です。
年末からウエットフライの勉強をしておりましたが
この週末は、ドライフライを作ってみました。

フェザーでつくる、エクステンドボディははじめてですが
いかにもドライフライと云う感じですね。

ベネッキ社のCDCを乗せました。
実釣の際はウイングをむしって浮かべる必要がありそうです。

今のところ、当地では雪が少なくて生活するには楽ですが。
山の積雪はどうなのでしょうか。少し気になるところです。






画像


画像

ニセコ新見温泉が閉館。

画像


北海道新聞、2015年12月8日の記事で知りました。
数多く訪れた訳ではありませんが、はじめての家族旅行の
宿が新見本館でした。

長女が、満2才ころですね。
天燃の岩でつくられた露天風呂に行くと、大泣きしたものでした。

旅館は、後継者がなく廃業するとのこと。
やむを得ないですね。

その温泉宿へ行く途中、何本かの沢を橋で渡ります。
T沢は、ヤマメが濃く何度か入りました。

単独で沢を下り5分ほど行くと、上流から流された軽自動車の残骸が
あるのです。

「お父さん!こっちだよ~!。」
と、藪の中で女性の声。

「おお~。わがった~。」
太い男性の声・・。

おお、山菜獲りのご夫婦が近くにいるんだな~。
えっ?山菜・・。

季節はタケノコの時期も過ぎている・・。
軽自動車の少し上流の斜面で聴いた声です。