はじめての単焦点レンズ

来月、節目の誕生日が来ますので、家人にレンズが欲しいのさ・・・と頭を下げる。 「予算一桁ならいいよ。」との許可が出ましたので、2週間ほど楽しく検討いたしました。 初めての広角単焦点レンズは、XF14mm F2.8 R。 23mmや60mmマクロも候補に上がったのですが、なじみのカメラ店で見積りを取ると 保護フィルター込で7.4万円とのことで発注をお願いしました。 メーカー希…

続きを読む

X-T2のシャッターをきる。

T2と釣り道具をブラックホール・ダッフルに詰めこんで十勝へ向いました。 単独で半日十勝の流れで5番のバンブーロッドを振り、仲間が待つ集合場所のお家へ。 晩は各方面での釣りの話題(主に失敗談) お鍋を囲んでですから、お酒もすすみます。 購入後の最初のシャッターは仲間の家の玄関前で朝5時に開けた缶ビール。

続きを読む

X-T2にしました。

2012年にFUJIFILMの X-10を購入して主にフライフィッシングで ゆで玉子を撮影しておりましたが今回、同社のX-T2を選択しました。 Pro- 2と言う手もあったのですが、とりあえずT2 にした訳です。 はじめての一眼、使いこなせるのでしょうか。 手元にあるニコンと並べてみました。 FEより少し大きく、Fより少し小ぶりですね。 …

続きを読む

奈良美弥子さんの写真展へ。

奈良美弥子写真展 「土に生きる」 大地のうたがきこえる 富士フィルムフォトサロン札幌にて2月3日~2月8日の開催でした。 最初は6日(月)に拝見して写真集を購入。 帰りしなに、また遊びに来ていいですか。とお聞きすると 「どうぞ、8日までやっていますので。」とのことで翌7日にもお邪魔しました。 奈良さんの写真は農家さんの存在が大きな魅力になっています。 何度も見てしま…

続きを読む

美しい道具。(ニコンF)

僕にとって3台目のニコンがやってきました。 最初がF2フォトミックAS、次にFE。 そして、今日Fがやってまいりました。 1971年10月~72年2月の製造です。 ショップの方も、「外も中もきれいなFですね」とのこと。 銀塩カメラもこれが最後になります。 このFならと、思い切って購入した訳です。 どうして今更、銀塩なのか。同じニコンなら完成度が高く、玉が多いF3です…

続きを読む

カメラ修理、3万円。

3年前に購入した、FUJIFILM X10のピントエラーが頻繁に出るように なりました。だましだまし使っていたのですが、とうとう常時エラー警報が。 見積もりをすると約3万円とのこと。 少し悩みましたが、修理をすることにしました。 起動しなければただの箱ですから。 いい機会ですから、最新のファームウエアにバージョンアップも含めて。 追加された機能を試してみました。 こ…

続きを読む

X10のフィルム選択。

フジフィルムのデジタルカメラX10にはフィルムシュミレーションと云う機能が あるそうなので試しに撮影してみました。 上から、PROVIA、Velvia、ASTIAです。 このショットでは、よく分かりませんね。 2月中旬に後継機が登場するようですが、しばらくはX10で精進します。 そのX20の価格は7万円くらいとのことです。

続きを読む

FUJI FILM X10 を使う。

X10が来て3週間。 少しだけスナップ撮影ができるようになりました。 一眼レフではありませんので、割りきって銀塩の感覚で使うのが 良いのかもしれません。このカメラに出来る事は限られておりますし。 僕の布団の枕もとのアナログ照明と、壁クロスの質感。 フィルム時代のあがり方で好感がもてます。 プロビアを選択した撮影です。 他にベルビアとアスティアも選択できるようです。 …

続きを読む

FUJI FILM X10のレンズフードとか。

X10を購入してから一週間が経ちました。 購入時にレンズフードとレザーケースの取り寄せを頼みました。 装着するとこんな感じです。 レザーケースもシンプルですね。ただしフードを外す必要があります。 最初に手にとったときに、ローライ35の感触を思い出しました。 ローライの沈胴を出す感覚と、X10の起動の動作が似ている訳ですね。 ケースに納めて首から下げて家の…

続きを読む

僕の新しい写真機

一眼レフでも、ミラーレス一眼でもない普通のコンパクト・デジカメです。 f=7.1-28.4mm 1:2.0-2.8 フジノンレンズ付き。 家人の買い物で電器店へ行った際に見かけてしまいました。 レンズ・フードと皮ケースも発注しました。 長女がデジカメが欲しいとのことで、オリンパスを譲りました。 いいタイミングだったのかもしれません。

続きを読む

女子の写真機。

ある日突然、家人が、カメラ買う! と云うので、「どうしたの?」と問うと、 良いカメラがあるので、見に行きたい。 とのことで、電器店へ。 この場合、思い入れのある製品があれば、購入です。 見る=買うこと。 たまには、いいじゃないか。 良い写真機だと思います。

続きを読む

なつかしカメラ

先日、納戸で眠っていた古いカバンを開けると昭和のカメラが出てきました。 コニカが二台、フジカが一台。 「あっ、これ、うちにもあった!」と云う方もいらっしゃると思います。 バカチョンカメラと呼んでいた気がします。 KONICA C35EF HEXANON 38mm F2.8                                                …

続きを読む

おお、ニッコール。

コンパクト・デジカメで撮ったうちのナミセキセイインコです。 羽根がわりの時期なのか生彩がない表情。 こちらは、ズームニッコール 35~105mm 3.5~4.5 でのスナップ。 改めて写真は、レンズの役割が重要なのです。 このニッコールの開放のボケ味が好きです。 マクロ機能を併用しました。

続きを読む

2台のニコン

実に久しぶりに戸棚から出したニコン。 娘が成人式なのです。 写真館での撮影はしない。と云うのが家族共通の考え。 「おんどがスナップを何枚か撮ればいいね。」と云うことになった訳です。 家には、コンパクトデジカメが2台あるので、そのうちの1台だけを 使うつもりでした。 ある日、予備のカメラの用意も必要だぞ!と強く思ったのです。 5年以上眠っていたニコンは、FE と F2フォ…

続きを読む

箱庭をつくる

最近、ジオラマ風写真をよく見かけます。 北海道新聞の特集で八戸耀生(はちのへ あきお)さんの 航空写真を見て興味をもちました。 加工ソフトもあるようようですが、自分なりに 今あるソフトで真似をしてみました。 春のキャンプサイトの画像ですが、さらに俯瞰したほうがいいみたいですね。 やしさんのブログ記事に無料ソフトのお話がありました。 http;//travel-life…

続きを読む

水中カメラで

o社の10m防水カメラ。 4月に購入しました。 すかさず師匠も購入。 フィールドで水と水圧を心配せずに使用できる安心感。 僕らは水際で遊ぶことが多いので、価格以上の評価をしております。 リリースするマスを仲間がスナップ。

続きを読む

虫かごと虫めがね

ベストの右胸に付いているのが、「虫かご君」 パンチングメッシュの内部にマグネットのベースが。 #12くらいまでのフライは、なんとか・・・。 それ以下のサイズのフックのアイに、ティペットを通すのは困難。 と云うことで、子供用の虫めがねを用意。 毛ばりを結ばないことには、釣りになりませんから。 今年は、前記事にも登場したオリンパス・ペンとのんびり旅に出ます。 …

続きを読む

ペンタックスSP

市の清掃の仕事をしている “ライ”ちゃんから、いただいた ペンタックス。 「カメラは、結構出ますよ!」 「ほんだら、また取っといて。」 SPF(開放測光)になる前の、 絞り込み測光の機種。 35mm.f3.5付。 ブラック・ボディの美品です。 1964年、昭和39年発売のカメラ。 テレビでもCMされていました。

続きを読む

オリンパス・ペンEED

今週末、後輩のアパートで飲む機会がありました。 彼は、S市のゴミ収集の仕事をしております。 出身地が同じで、キャンプや渓流釣りなどで遊んでおります。 そんな彼が、僕のために “銀塩カメラ”を確保しておいてくれました。 オリンパスのペンEED。(979897) 実は、ハーフ版のカメラが欲しかったのです。 もともとペンEEは持っていたのですが、使う機会がありませんでした。…

続きを読む

ありがとう、コニカ・ミノルタの写真機たち

朝刊で知りました。 konica-minoltaのカメラ部門撤退。(涙) つい最近、ニコンも銀塩部門縮小の決定。 止むをえないですね。 私も、ここ5年ほど、フィルムを購入して おりませんから。 銀塩カメラを使おうと思っているのですが ついつい、デジタルカメラに手が。 写真は、コニカ・オートS(左)と、ミノルタ・ハイマチック7S。 暖かくなったら、モノクロ…

続きを読む

やっぱり、ニコン!

その昔、カメラが贅沢品だった頃、我が家には カメラがありませんでした。 そんな家族の写真が何枚かあります。 それらは、親戚のおじさんだとか、近所の おじさんとかに撮っていただいたものです。 時代はかわり、カメラもすっかりデジタルに。 オリンパス、キャノン、ミノルタ、コニカ、ペトリ、 ヤシカ、フジカなど、昭和40~50年代製のカメラが 我が家にあります。 そんな中で…

続きを読む

ミノルタのいぶし銀たち

今日のたま銀 ⑨は昭和30年代後半から 40年代に製造された渋いミノルタ機2台。 ハイマチック 7S は1964年3月に発売開始。 堂々としたデザインはいまでも古さを感じ させません。 ロッコール-PF 45mm F1,8付 露出計はCLC方式を採用、重量は766g SR-T 101 は1966年に発売開始。 上下分割測光(CLC方式)を採用したTTL機。 …

続きを読む

オリンパスpenと、えい文庫。

最近、pen が気になります。 12枚撮りで24枚、36枚撮りで72枚も撮れる ハーフ版カメラ。 デジタル・カメラが普及してその便利さの 恩恵に随分あやかりました。 たまには、銀塩 ⑧は、penと文庫のお話。 えい文庫は写真機系も出してくれるので いつも目がはなせない出版社です。 http://www.ei-publishing.co.jp はじめて所有し…

続きを読む

ヤシカ 35 * たま銀 ⑦

たま銀⑦も今はないメーカーの写真機です。 ニコンSシリーズの外見に少し似たヤシカ 35。 角度によってはコンタックスにも見えるかな? ニコンSもコンタックスも所有できませんので 今日はこの金属製のグッドデザインを外に 連れ出しました。 serial number/ 472708 yashinon 1:2.8 f=4.5cm

続きを読む

ペトリの1眼レフ * たま銀 ⑥

昭和40年代後半、中、高生だった私・・・。 当時、カメラに興味があり、愛読書はカメラの 総合カタログでした。 カタログには、50音順に各メーカーの機種が 掲載されており、毎日のように見ましたね。 カメラを購入するお金など当然ありませんでした。 それでも飽かずに見ていたのは、きっと将来への 夢があったからでしょうね(笑) 無数のカメラのうち、一番安い一眼レフ機がペトリ…

続きを読む

オリンパス OM-1N * たま銀⑤

中学校の修学旅行は2泊3日で十和田湖でした。 旅行前に親が買ってくれたのはオリンパストリップ と云うEEカメラでした。 そんな訳で、オリンパスのカメラには愛着があります。 あれから32年後、OM-1N が手元にあります。 実際に使ってみると、その完成度に脱帽! 撮影するのが楽しくなるカメラですね。 娘が昨日、修学旅行に出発しました。 3泊4日で東北地方を周るようです。 …

続きを読む

ニコン FE * たまには銀塩④

F2 フォトミックASのサブカメラに選んだのが FEです。ズームニッコール35~105mmを着けて 渓流釣りの記録用に使用しました。 FEとこのマクロも使えるレンズの組み合わせは なんと云っても軽さが魅力です。 もしかしたら、標準レンズ装着のF2より軽いのでは? 渓流沿いの草花や岩魚の姿の撮影には軽い方が 良いですね。 今風のデジタルカメラではモニターで構図していますが…

続きを読む

ニコン F2 フォトミックAS * たまには銀塩③

「たまには銀塩」 3回目でニコンの登場です。 平成3年に長女誕生。成長記録は是非、ニコンで! 家内に相談するとあっさり認可されました。 ASの上物を 11万円で購入。 昼夜を問わず、撮りまくりました。 15年後、彼女にレンズを向けることもなくなりました。 昨日、娘がローライ35SEを手に取って「これ、いいね」 「使ってみる?」と聞くと、「まだいいや」とのこと。 …

続きを読む

ローライ 35SE * たまには銀塩②

この小さな名機は昭和59年ころ銀座のカメラ店で マミヤC330 プロフェショナルfと云う2眼レフと 物々交換で手にいれたものです。 手放したマミヤには交換レンズも付けましたから損を したのは僕のほう。 その年の夏から冬にかけてオートバイで日本一周を しました。 コンパクトで性能の良いカメラを探していて、選んだのが このローライです。 serial number…

続きを読む

キャノン FTb * たまには銀塩①

最初に使った1眼レフです。 実は当時「鉄チャン」だった僕は近所を走る 国鉄のD51や私鉄の9600の撮影に夢中でした。 弟が、お小使いを貯めてボディのみを中古で購入。 その後、僕がレンズメーカーの135mmを親に頼んで 買ってもらい殆んど僕が使いました。 それまではオリンパスのトリップを使っていました。 とても使いやすいカメラでしたがある日、列車の 座席に置き忘れて紛失…

続きを読む