まだまだ精進です。

貧乏ひまなし・・・。娘から栄養剤とチョコレートの差し入れ。 またまた強い魚をバラシテしまいました・・・。 十勝の渓は減水でした。 難しい遡行になるとは覚悟していましたが、ワンチャンスを逃してしまいました。 懲りずに十勝の空気にふれたいものです。 夜行日帰り、睡眠30分でした。 …

続きを読む

夜行日帰り

なかなか連休がとれず深夜発、早朝着の釣行です。 昭和時代の遊び方は普通に夜行日帰りでしたね。 目的地は十勝。 つづく。

続きを読む

本流へ。

今年の本格的なフライ釣りがスタートしました。 本流の流れは幅50メートルほど。 4番のシステムで失敗。 5番以上を用意すべきでした。 流れの瀬でライズするのは、おそらくヤマメ。 深みのニジは、夕方の方が有効かもしれません。 24のヤマメと28のニジを掛けて竿を仕舞いました。 水温13度、気温20度でした。

続きを読む

来シーズンの釣りに備える。

北海道の初夏のフライフィッシングにむけてマテリアルと装備を補充しました。 5パックを手にとって、これだけ持っていっても大丈夫?と確認の上。 「このラムズウールは札幌産ですよ。」とのこと。 最低減の脱脂処理ですのでドライフライには良さそうです。 もうひとつは、ウェーディングスタッフ。渡渉用の杖ですね。 もともと渡渉が苦手で仲間に助けられることが何度もあった訳です。 フリ…

続きを読む

今年(2016年)の釣り終了。

11月18日(金)に札幌市南区の流れを最後に竿を納めました。 この日はバンブーロッド職人のイワタさんと彼のいとこのNさんとご一緒しました。 上流から山越えの強風が吹きおろす中、小一時間の釣りでした。 Nさんはドライのリードフライとニンフのドロッパーのシステム。 3名ともオデコでしたが良い物を見せていただきました。 来年はこのシステムで魚をとるところを見せてくださいね。 …

続きを読む

初雪前のフライ・フィッシング。

初雪が来る前の日に竿を振ってみました。 10月19日(水)、快晴、無風。 ここ数日、道央ではカメムシが大量発生。 少し期待して片道2時間の釣り場へ。 長いどん深のプールで、大型のニジ特有の地味な捕食波紋が。 1メートル上流にビートルのパラシュートを届ける。 1投目・・・出ない。魚がフライを見たことを確信して2投目。 実に地味な出方でした。 肩に重量が伝わる強い…

続きを読む

帯広へ(2泊3日の旅)

10月第2週の恒例は帯広フライ・フィッシングの旅。 今年はメンバーのご家族も参加してくださり、なかなか濃ゆい旅になりました。 更に現地の管理人の方、地元のエキスパートの方、そのまた大先輩が集結。 総勢5名での遡行になりました。 当方フライ・ロッドを振って10年になりますが、皆さんはその2倍以上の経験・・・。 明らかに魚の出し方が違う訳です。 フライのプレゼンテーション…

続きを読む

台風10号から、ひと月。

大きな被害を残した台風10号の通過からひと月が経ちました。 そして、大雪山系旭岳で初冠雪を観測しました。 ドライフライの釣りも、あとひと月くらいですね。 地味に楽しみたいと思います。 【道東自動車道の橋梁下の流れに入りました。水は平水に戻っています】 【8番のドライに出た魚。今年は随分失敗したのでひと安心です】

続きを読む

イワナの日。

8月15日(月)、居つきイワナの山岳渓流へ入りました。 魚の出方を見ると、お盆休みの間に釣り人が入った形跡ほとんどなし。 この魚は深みの開き、一番うしろから出ました。 2年子、3年子もかかりましたが、良い場所では尺超えが多く出ましたよ。 遡上アメマスも少し確認しましたが、居つきのイワナが多く釣れました。 この台風の雨で、アメマスもこの流域に遡上することで…

続きを読む

ヒゲナガで一発勝負。

8月8日(月)、日帰りで十勝の川へ入りました。 小屋の管理人さんの話では、この土曜、日曜日も沢山の人が川に入ったとのこと。 このプールも多くのお客さまが入ったことでしょう。 だめもとで8番のヒゲナガを結んで手前から順に投射。 3投目、中ほどの流れからいい魚が出ました。 月曜日の渓は、誰ひとり居なく静かな時間を過ごせました。

続きを読む

空知川上流の流れ。

8月第一週の空知川上流の様子です。 北海道の内陸部ではまとまった降雨があったようで、かなりの水量でした。 渡渉はもちろん無理ですので、ラフティングの基地で少しやらせてもらいました。 出たらデカイのですが、この日はむりせず終了しました。 この増水で魚が動いているはずです。 この週末は良いかもしれません。

続きを読む

7月最終日の山岳渓流にて。

先週は南から上がってきた前線の影響でかなりの降雨がありました。 7月の最終日の今日、ダム湖に入る流れへ。 日曜日ですので、早い時刻からお客さまが多数入っていました。 今日は3番ロッドの釣り。大きいのは出ませんのでタモは持ちませんでした。 降雨による増水が引きはじめ、理想的な水嵩でした。 この雨で魚は動いたと判断して上流へ入った訳です。 いかにもと云うプ…

続きを読む

カディスの日。

低気圧の接近で水曜日から雨との予報ですので、26日(火)の釣りです。 空知の上流を考えていましたが途中のぞいたm川上流が良さそうなので 半日ほど竿を振りました。 この流れの中流域は強い魚がいるのですがどうも水質が好きになれません。 ここまで来ると大分水も良くなります。 ここも週末はたくさんの人が入るのでしょう。大場所では魚の気配なし。 この地味…

続きを読む

おお、尻別川!

7月20日(水)、雨のち晴れ。 なんとか自分の時間が取れましたので、いつもオデコの尻別川へ。 アングラーに日々訓練された魚たち。 この日、平日でしたが良い場所には自動車が駐車されております。 結ぶフライも、ひと工夫いるかもしれません。 大きいフライで出たのはこのヤマメだけ。 最後に寄った左岸は、仲間との酒盛りに適したスペースがあります。 …

続きを読む

7月の本流にて。

当初は7月12(火)から1泊で十勝へ向かう予定でしたが 火曜日に用事ができましたので、13日(水)の日帰りに変更でした。 最初に向かったのは初めて入るダム下の流れ。 下流はこれぞ里川という感じですが、上流域は渓相が良くなります。 強いニジマスを期待したのですが、ここで出たのはヤマメでした。 9時前に一旦終了して本流へ移動。 長い長い平瀬の中で唯…

続きを読む

7月7日のフライ・フィッシング-2

水量は少し多め。単独ですので慎重に行動です。 午前5時半に遡行をはじめましたが魚が出たのは9時すぎですね。 今回はこの川の名がついた橋から入りました。ニジが増えた感じです。 いかにもイワナの場所と云うポケットから出たのは、やはりイワナでした。 通らずの堰堤から川通しで下りながら、冬に作ったウェットを流すと25センチくらいのニジが鉤をくわえま…

続きを読む

7月7日のフライ・フィッシング。

林道のゲートの施錠が、ダルマ式からダイヤル式になって久しいですが 今回は管轄の森林管理署へ出向いて入林の許可をとりました。 申請手つづきは15分で終了。 「くれぐれも安全第一で楽しんでください。」とのこと。 当方、6月30日で退職いたしましたので、こうした役所通いもできる訳です。 各方面の諸手つづきの合い間に、人生リセットの旅をしております。 …

続きを読む

6月の釣行。

北海道各地では降雨と日照不足の初夏でした。 それでも空知へ2回、オホーツクへ2回の旅をしました。 ほとんど毎週ですね。 がまんした冬がありましたので・・。 下の流れは名寄川の上流ですね。 ドライでは厳しいかもしれません。 もし時間があれば、夕刻の釣りもいいかもしれません。 以下は名寄盆地の風景と、十勝連峰のスナップ、札幌市北区の風景です。 6月は大きな魚を何度もば…

続きを読む

平日のフライ・フィッシング(2016年6月) 続編。

2週連続のオホーツクです。 しつこいですね。 入渓前にラーメンをすする筆者。 元気です。 今週は札幌市の竹竿職人、イワタさんと。 前日道の駅で仮眠して、午前中の釣りでした。 いろいろありましたが、おつかれさまでした。 最後の魚、アキアジ並でしたね。

続きを読む

平日のフライ・フィッシング。(2016年6月)

6月のオホーツクの空です。 そう、火曜日に出発して水曜日に竿を振りました。 最初の魚は入ってすぐのところで出ました。 40cm弱のメスですね。 さらに遡行して終了のつもりで結んだセミのフライ。 50cmのオスをばらしてしまいました。 ごめんなさい。

続きを読む

大雨洪水注意報でした。

6月17日(金)、雨の中、落合に集合。 予想はしていましたが、この流れでは2、3日無理ですね。 まずは、東屋にブルーシートを掛けて酒盛りです。 お酒を飲むのなら、200kmも走らなくてもいいと思いますね~。 翌土曜日は初めての川をのぞいてみました。 あやしい流れでしたが、ドライには出ませんでした。

続きを読む

6月の北海道に感謝。(2016年)

諸事情で泊まりの釣りができないのですが。 昨日は20年以上通う山岳渓流へ。 流れへのアクセス、昔はダートでした。 現在は完全舗装。 午前7時入渓、同9時まで。 それにしても、6 月の山はしみじみ美しいですね。 水かさは10センチくらい多かったですね。 でも、水温8度の流れの中層から美しい魚が出てくれました。 例年ですと、この週は十勝の流れで振っているのですが 今…

続きを読む

寒いけど、ヤマメ。

北海道、北東部では、6月に入って雪です。 5月の積雪は何度か遭遇しておりますが、異常気象といえますね。 畑作農家さんの被害が心配です。 怖いのは、雪よりも遅霜なのです。 さて、待望のヤマメです。 体高のある美しい魚ですね。

続きを読む

5月のフライフィシング-3

5月28日(土) 晴れのちにわか雨。 道の駅に15時すぎに集合できました。 海鮮の幸、ご当地の串などをご馳走になり、21時消灯。 翌朝は3時起床。 魚は10時以降に出るとみて、入渓地点で仮眠。 魚は上を見ていないですね。 水量も少なく、難しい遡行になりました。 そのかわりタケノコを少しだけ採りました。

続きを読む

5月のフライフィッシング-2

5月21日(土)、快晴。 自宅を午前2時に出て、余市川支流へ。 午前4時には、いつも朝ごはんをする右岸へ。 水はセ氏8度。日が差すまで仮眠。 最初に出たのは、桜系。 どんどん源流へ遡行。 今回のシステムは、イワタ・ロッドの3番とキネヤのカボス。 いいバランスです。 20年以上通う渓ですが、魚がかわりました。 イワナの渓だったのですが、源流まで…

続きを読む

5月のフライフィッシング-1

北国にもいい季節が来ました。 先週の日曜日、雪代の豊平川へ行ってみました。 冬の間にウエットフライを作りましたので8番のシステムで 流してみました。 魚はかかりませんでしたが、春の花を見ることができました。 水辺でフキを少しとって、早めの晩酌でいただきました。 (つづく)

続きを読む

半年ぶりの十勝でしたが。

5月2日(月)十勝平野は快晴。最初にむかったのが、このあやしい流れ。 一年前この橋から入ったのですが、ヤブを踏む音でとんでもなく大きい魚が 悠然と左岸の深みへ移動したのでした。 今回は8番ロッドを用意して橋の上から14番のパラシュート・アントを投射。 音沙汰なしです。まあ、よくあることです。 夜は友人のお宅にお世話になりました。日中は仕事で忙しいなか いつも通りあたたかく…

続きを読む

十勝で一泊。

道東自動車道を東へ。夕張からは長いトンネルの連続。 トマムを通過して第一狩勝トンネルを抜けると、この風景です。 十勝では先週は積雪があったそうです。 5月2日、晴れ。 空も、流れも良い感じ。 せっかくですから竿を出してから、今晩お世話になる友のお家へ向かいましょう。 (つづく)

続きを読む

タイイング・バイス新調。

長らく道具の新調はしておりませんでしたが 昨日アンビル・APバイスを購入しました。 僕の4台目のバイスです。 今使っているオフト製は非常に使いやすいバイスでした。 新しい道具で、良いフライが作れるといいのですが、 ひとつづつ、命があるフライを作りたいものです。

続きを読む

最後のウェットフライ。

このオフは100本ほどウェットフライを巻いてみました。 非常に深い世界でした。 今日は、はじめてサーモンフックを使ってみました。 ハックルは昨日、新調したコック・デ・レオン。 なかなか、クイル・ウイングを使いこなせませんでしたね。 さて、明日からはドライです。

続きを読む