ニセコにて

旅行にしろ、キャンプにしろ、2泊と云うのはいいものですね。 特にキャンプの場合は、それなりの荷物もありますから。 1泊ですと、翌日の朝食の後は片付けになりますし。 なんとも、あわただしいものです。 2泊の場合、特に初日の夜が楽しいですね。 明日もここで泊まれる訳ですから。 自然に、お酒の量も増えてしまいます。(まあ、いいか?) 帰路、家族におみやげを購入。 …

続きを読む

冬のキャンプ

毎年恒例の雪中キャンプへ。 このテントは、ちがうお客さんのところ。 私達はいつも通り小屋に泊まりました。 仲間の手料理で飲むお酒の時間が、やたら楽しい2泊3日でした。 飲んでばかりでは能がありませんので、今年はカンジキで軽登山をしたり。 心地良い汗をかいて、温泉にも入りました。 心身ともリフレッシュした後は、また仲間の手料理とお酒になる訳ですが。 私達が…

続きを読む

薪ストーブ君

キャンプ場の屋内施設にある ドラム缶製のストーブ。 校舎のように広いホールは この季節、なかなか暖まりません。 でも、ストーブのまわりは心地よい 暖かさです。 いつも、このストーブのまわりで ご飯を食べたり、お酒をのんだり しています。 今夜も盛大に薪が燃えて、ストーブ君も 気のせいかうれしそうですね。

続きを読む

スノー・ピークのお箸で

先週末は、恒例の帯広方面でのキャンプ。 事前に登山道具屋さんで、スノー・ピークのお箸を購入しました。 お天気はすぐれず、終始雨でした。 渓流、温泉、お酒をそれぞれ少し。 今回は屋内での宿泊でしたので、雨の夜も、快適に過ごせました。 暖炉でたくさんの薪を焚いたりして。 献立は、同行の方たちにお世話になりました。(いつも、ありがとうございます) 新しいお箸で、おいし…

続きを読む

モス。

moss (モス)。 あこがれのテントとタープ。 野外活動をときに、ご一緒する近所の方も モスのユーザー。 サイトに、タイプのちがうモスのタープが2つ。 これって、ちょっと贅沢かも。 それから、彼らのテントはキング・ドーム。 残念ながら、私はモスのテントを所有しておりません。 製造が中止されてから、しばらくの間 “オデッセイ” がショップに あったのですが、それ…

続きを読む

焚き火@キャンプ

昨年新調した焚き火ボックス。 皆、ご飯も終わり、カップを片手に 集まる、20時30分。 少しだけお酒をのんで、 21時には、消灯。 若い頃って、朝方まで飲れましたが、 この頃は、早めに休みます。 でも、焚き火の周りでの 語らいは、いいものですね。 しっかり、歯磨きをして 日向の匂いのする、のシュラフに もぐることにしましょう。 “ああ!気持いい…

続きを読む

道南への旅

国道5号線を南下、山岳部は、まだ冬でした。 渡島半島に入ると、少しだけ春が。 晴天の下、ミズバショウがむかえてくれましたよ。 わっ、エゾエンゴサク!キャンプ場の1画に。 ここには、テント、張れませんよね。 おとなりのパーティから、飼いウサギが遊びに。 一寸、かわいいかも。(笑)

続きを読む

野営前日。

明日から、2泊3日または、3泊4日の野営生活。 家に居れば畳のうえの、いつもの、お布団で寝坊を楽しめるのですが。 季節がよくなると、そうも云っておれない訳で。 “家飲み”が好きな私の、しばしの一献。 高気圧の気配に、意味なくカンパイ。 早めの就寝、深夜の出発。 目的地は、渡島半島、大沼公園、某所での、オフ会。 翌日は、日本海側に単独で移動して、プライ…

続きを読む

薪ストーブ

あったかい薪ストーブ。 燃える炎を見るのが好きです。 ご飯を終えて、それぞれ、お酒を 飲みながら、ストーブのそば。 今年のアウトドア活動のプランとか 飲み会の企画、音楽、映画、服飾、 女の子、その他。 気の合う仲間との、語らい。 至上の時間ですね。

続きを読む

窓辺の雪だるま

窓辺に、雪だるま。 昨日の子たちとは、別の家族。 パーティの一員に、お茶目なひとが どうも、居るようです。 早起きをして、素手でこしらえたよう ですね。 そっと、レンズをむけました。

続きを読む

冬のキャンプの装備

2m以上の積雪ですから、 先ずは、長靴ですね。 日常は、夏靴と自動車で生活して おりますが、バーバリアンの チーフ・テンを履きます。 40cmくらいの新雪の朝でも 快適に歩けますよ。 足元を、しっかり守ると、意外と 暖かいのです。 仲間が集まり、装備の話をするのも また、楽しいものですね。 メンバーも、それぞれ、楽しい装備です。 お酒を飲みながら、…

続きを読む

バンガローでガンガロ

いきなり、底冷えのするタイトル(笑)。 何をガンガルのか、私も分からない訳で。 まだ、雪中キャンプの心地よい疲れが残っております。 キャンプ場の方が、私たちの到着前に小屋を 暖めてくれておりました。 屋根の新雪が、その温みで、勢い良く落ちました。 いつ行っても、お心使いが、身に染み入ります。 食堂を兼ねた、センターハウスは、私たちの貸切。 薪ストーブで、バゲットを暖め…

続きを読む

雪中キャンプ@ニセコ

ニセコで、雪中キャンプを行いました。 このキャンプ場は、通年営業をしており テントを設営される方もいるようですが、 我々は、いつもバンガローを借ります。 金曜日、札幌を9時ころ出発。 小樽市内の雪、多いこと! 余市に入ると、更に多い感じ。 同町在住の、Sちゃんと合流。 今朝は、50cmの積雪とのこと。 小沢、倶知安、だんだん雪が深くなります。 ニセコ山中にある…

続きを読む

明日から、雪中キャンプ♪

明日から、雪中キャンプ。 2年ぶりの、ニセコ、『サヒナ』です。 冬のキャンプは、何もしないキャンプです。 バンガローを利用して、薪ストーブの そばで、くつろぐ訳です。 ストーブでつくる暖かい料理と、 各自持参のお酒と、温泉。 1泊2日の、気分転換に行ってきます!

続きを読む

単車(ホークⅡ)との旅

            この単車、ご存知ですか?             ホンダの、『ホーク-Ⅱ』でございます。             2気筒、400cc。             大変、丈夫な車でしたね。             ある日、北海道から、沖縄まで、日本の秋を追う旅に             出ました。             折りしも、紅葉前線と共…

続きを読む

モスのタープと5月の空

オホーツク海沿岸に流氷が接岸して 北国でも、今が寒さのピークです。 2月の雪まつりの頃になりますと 少しだけ寒さも緩みますね。 低気圧の鉛色の空と、雪景色。 モノクロームの世界に慣れた目に 5月のあふれる色彩は、とても新鮮です。 セルリアン・ブルーの空の下、 野営の準備を終え、モスのタープで くつろぐ仲間たち。 「いいね。」、 「うん、いいね。」 「俺、何も…

続きを読む

天然アイスクリーム?

北西の季節風のしわざ。 正直に南東の方向に、のびる雪魂。 生クリームに見えたり、出来の悪い ソフトクリームを想像したり。 よく冷えた生ビールの泡かもしれないし。 開きなおって、雪とつきあっております。 2月に恒例の雪中キャンプです! 場所は、豪雪のニセコ。 楽しいですよ。(笑) お気に入りリストを表示

続きを読む

僕の笹小屋

北緯43度06分、東経140度40分、標高200m。 僕の「秘密基地」があります。 白樺の倒木と笹でこしらえた隠れ家です。 渓流沿いの高台に建設いたしました。 周囲はミズナラやニレ、カツラなどの広葉樹。 渓流釣りや山菜とりのベースですね。 誰も知らない僕の小屋・・・。 非常に風通しが良く夏は快適。 夜は星を見ながら就寝することができます(笑) 朝、野鳥のさえずりで…

続きを読む

譲っていただいたテント

先週の湖でのキャンプで山岳用テントを 譲りうけました。 譲って下さったのは私より20歳も年長の アウトドアの大先輩 Yさん。 ICI 石井スポーツのゴア・ライト/ 2人用 ゴアテックス製の非常にコンパクトなテントです。 山がお好きな方ならどこかで見かけたことが あると思います。 本体がゴアテックス製ですのでフライ・シートが 要りません。 先ほど原っぱ…

続きを読む

夕凪の湖面

午後、木陰で寝てしまいました。 お昼は仲間が作ったスープカレー。 僕はダッチオーブンでチキンの白ワイン煮を つくり、ビールも少し。 目を覚ますと皆んな湖水ちかくに椅子を移して 過ごしています。 ルアーをキャストする人、カヤックを漕ぐ人 お茶を飲む人、なにもしない人。 おだやかな湖面を背景に眺めました。 静かな午後6時、いちばん良い時間ですね。

続きを読む

パタゴニアのフリースジャケット

長年、酷使してもいっこうにくたびれない フリースのジャケットをサイトに渡したザイル に干しました。 パタゴニア製。 僕の野外での遊びで、15年間使用中。 袖は焚き火の熱で、一部いたんでおりますが ずっと、少し冷えた身体を優しく守ってくれました。 僕は、パタゴニアの製品にこだわります。 もし購入後、気にいれば一生使える訳ですから・・。 全国的には夏で…

続きを読む

焚き火ボックスで火遊び?

野営の夜の楽しみは何と云っても焚き火! ひとり、お気に入りのお酒を飲るのも良し。 仲間と手をかざし、お湯割りを飲るのも好きです。 春に、小川・キャンパル製の焚き火ボックスを購入。 週末のテントサイトで焚き火をしました。 ゆらぐ炎って、なんと良い気分にさせてくれるのでしょう。 薪のはぜる音もいいものですね。 それから、生木が燻る匂い・・・。 いつもながら、K君は早…

続きを読む

モスのタープの下で

僕の場合、キャンプ場での主役はテントにあらず タープとそのレイアウトです。 この10年、米国製のタープを使用しています。 今はないモス社製 19フィート・パラウイング 各地のキャンプ場ではC社のスクリーン・タープばかりに なってしまいましたが、今だにオープンタープにこだわって おります(笑) 今回は豪雨のなか、タープの下で明け方まで焚き火の ゆらぎを楽しみました。 …

続きを読む

湖畔で過ごす夏

週末、夏のキャンプへ行ってきました。 目的地は洞爺湖。 仲間と静かな3日間を過ごすことができました。 今回は料理の上手な方が同行しましたので 随分、贅沢なキャンプでした。 湖畔の木陰での昼寝! 目が覚めると、すでにご飯が出来ています。 一寸、病みつきになりそうです。

続きを読む

師匠のニジマス

週末のキャンプ、大いに笑いました。 お腹の底から! こんなマスを目の前で釣られたら 笑うしかありません。 投射からフッキング、取り込みまで 全て拝見しました。 大の男2人、夕食の時間が終わるまで 思い出しては、ニヤニヤ・・・。 21時消灯。

続きを読む

明日からキャンプ♪

明日、20:30 集合。 帯広市のはるか郊外が目的地。往復 500km。 今年はじめての野営。 近所の wata さんのキャンプにお邪魔させてもらいます。 明日は勤務も休み!少し早起きして朝から準備します。 とりあえず、釣りの段取り。 60cmの虹鱒(ネイティブ)が居るとのこと。 義父から頂いた和竿を使うつもり。 普段はカーボン製のロッドを使っていますが 今回は、…

続きを読む

今年欲しいキャンプ道具

今日、前から気になっていたストーブを見てしまいました。 小川キャンパルの「焚き火ボックス」がそれ。 税込で 12,600 円を 9,500 円で売っていました。 もう駄目かも知れません。多分、買うと思います。 自分の性格はよく分かります。 小川キャンパル www.ogawa-campal.co.jp

続きを読む