2本のアルト・サックス

画像


ヤマハが私の。ヤナギサワが弟の楽器。
春から吹奏楽を始めた娘に2本のアルト・サックスを
譲りました。

画像


予選では木管のパートに入れず、打楽器を担当した娘ですが、
立派な演奏でした。

本人は、やはりアルトをやりたいようです。
まあ、“キタラ”の大ホールで演奏できること自体、すごいことなのですが。
本人は、ヤナギサワの方をメインに使用しているようです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年08月18日 05:47
おはようございます!
久しぶりのアルトサックスに触れ懐かしくコメントしました。
私も、学生時代は吹奏楽部にいてパートは最初はサイドドラム、
その後私の希望でアルトサックスをさせてもらいました。
指使いが一番簡単でしたから(笑)
当時の色々が思い出されますね~
娘さんの素敵な演奏を聴いてみたいものですね?
2006年08月18日 20:52
しろうさん、ありがとうございます。
私もクラリネットからアルト・サックスへ鞍替えしたのですよ。
とは云え、正式に習ったわけでもなく、ただ、あこがれてですが。
多感なころにジャズにふれて、純粋に吹きたくて購入しました。
そんな楽器を子が吹いていて、音色は私より良い訳です。
クラの経験がある家内とともに見守っています。
今後ともどうぞよろしくおねがいします。

この記事へのトラックバック