荒天の黒岳石室にて

画像

筆者の年一度の登山は、今年も大雪山黒岳石室テン場ベースで計画。
昨年は北鎮岳から比布岳を歩きましたので、今年は逆方向の白雲岳の計画。



画像

9月10日(土)午前4時札幌市を出発、隊は三名。夜明け前の空は満天の星。
午前中に黒岳石室キャンプ指定地に荷を上げましたが、猛烈な風と雨。




画像

行動を中止してテント内で停滞となりました。この日の指定地でのテントは
私たちのふた張りだけ。一時、晴れ間が出て桂月岳が見えたのですが。



画像

テント内でラーメンを作り、バーボンのお湯割りで身体を中から温めました。
一時間ほど寝袋で仮眠。14時、筆者と隊長の考えは天気図のこと。

テント越しに前線の話になり、30秒後に撤収を決定。無事、家の布団で寝ることが出来ました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

イワタロッド
2011年09月12日 06:12
残念でしたねぇー。
でも、撤収も山の儀式。
登る勇気より、撤収の勇気に乾杯です。
山は、なくなりませんから。
お見事。
2011年09月12日 20:24
イワタロッドさん、ありがとうございます。
判断は正解でした。稜線の体感気温は5℃以下。
増して肌着まで濡れておりますので、これ以上
の行動は危険でした。でもソロテントでいただくホット・ウイスキー旨かったです(笑)。

2011年09月19日 02:12
ご無沙汰しています。
そんなことがありましたか。撤退の決断ほど、重要で、難しくて、というものはないですよね。特に風は。
ラーメンとバーボンで温まりつつの決断はいいですね。腹が減って、しかも寒くては・・。
お疲れ様です。
2011年09月19日 19:08
やしさん、ありがとうございます。
9月の天気図は、決まって太平洋に台風。
日本海に前線。変な感じです。
山は怖いと云う認識で入ります。
無事に帰宅しますとお酒も飲めますしね。

この記事へのトラックバック