標高800メートルの初夏

6月初旬、札幌市と喜茂別町の境の中山峠へ初夏の花を見にいきます。中山峠の標高は、835メートル。 雪が後退した斜面には、里より遅れて地味に咲く花々があるのです。あの長い冬を辛抱して、このハクサンチドリに会うことが恒例になりました。

続きを読む

正しい花冷えのころ

この春はオホーツク高気圧が正常に発生していますのでこの時季の北海道らしい気候がつづいています。 ここ数日は最高気温が15度くらいで、肌寒いくらいです。昨年の5月は下旬に真夏日が数日あったのです。 いつも通りの季節のすすみかたは安心感があります。平地では春の花も終盤ですが標高を上げるとまだ楽しめそうです。

続きを読む

星空撮影入門

北国にもやっと春が訪れました。自宅のベランダに三脚を据えて西の夜空を撮影してみました。 露出や色温度などの組み合わせが難しいですね。出来るかぎり家で過ごしております。 里山の春も気になりますので最小限で楽しんでおります。この週末はこっそり春の渓流の匂いを嗅ぎにいきたいのですが。

続きを読む

札沼線のこと ( 3 )

諸事情で最終運行が、4月17日(金)に。僕の撮影は14日(火)が最後でした。 札比内駅付近からの樺戸連山は、大糸線からの後立山のようですね。築堤には、ことしはじめてのエゾエンゴサクが。 週末には、夜の撮影を予定していたのですが。この日で僕の札沼線は終了いたしました。

続きを読む

札沼線のこと ( 2 )

5月6日(水)が最終運行の予定でしたが、4月25日(土)に早まるようです。2回目の4月10日(金)は、月ヶ岡~知来乙での撮影でした。 チライ・オツの地名は、アイヌの言葉で「イトウが集まるところ」の意。このスベツ川は石狩川から遡上する魚の種川だったのでしょうか。 (つづく)

続きを読む

札沼線のこと( 1 )

札沼線の非電化区間の廃線までひと月となりました。4月3日(金)に豊ヶ岡駅を訪ねてみました。 はじめて来訪しましたが噂どうりのロケーション。駅の北にクマネシリやピンネシリの山々が近いですね。 平日でしたが撮り鉄さんが、お二人おられました。週末はかなり混雑するのでしょう。 帰り道、ギョウジャニンニクを入手。5日間いろいろ楽しみました。鉄道写真は、C62ニセコ号いらい。四半世紀前になるのですね。…

続きを読む

娘と納涼会(19年夏)

真夏日がつづいた札幌市にて。 娘とビールをやりました。 ホヤの塩辛、馬刺し、生牡蠣、その他。 いい時間でした。

続きを読む

ふたりで小樽。

実に久しぶりに家人と小樽へドライブ。 10年ぶりに、馴染みの市場をのぞいてみました。 「変わっていな~い!」とは、家人の第一声。 実は、都市部の小売りの形態に、少しあきあきしておりました。 小樽と云えば、海産物なのですが・・。 うちが購入したのは、お肉系でした。 小樽の精肉は上質なのです。 次回は、海の幸を。

続きを読む

大切な季節に (2)

今年も自宅から10分ほどのシロバナノエンレイソウが咲く林へ 行ってみました。 今年は、この日の撮影で使用した広角レンズを多く使いたいと 思っております。 夜の渓流の流れと狭い星空を長い露出で撮影する。 こちらも精進したいと思います。 5月の4週目の週末は十勝の師匠のお家で、二晩お世話になります。 残雪の芽室岳を眺めながら、まずはビールです。

続きを読む

大切な季節に (1)

連休は通常の勤務でした。 5月7日(金)、実に久しぶりに僕の心の源流への林道へ行ってみました。 雪代がおさまるまでのあいだは早春の花を見たり、山菜を少し採ったりするのが 楽しいですね。 この日は、道ばたで初物のヤマウドとタケノコが採れました。 あと数日、季節がすすむとエゾハルセミの声も聴けそうです。 北国では一気に季節が移りますので、油断が出来ません。 僕にとって、…

続きを読む

久しぶりの道立近代美術館。

4月26日(金)、相原 求一郎さんの作品を鑑賞してきました。 大型連休前の美術館は混雑もなく、ゆっくり堪能しました。 北海道の風景、とくに十勝平野を描いた作品が心にしみます。 約2時間、良い時間でした。

続きを読む

標高550メートルの春 (2)

運が良ければ、シラネアオイを見られるかも・・・と思い山道を歩く。 ニリンソウに会えただけでも満足。 エンレイソウを撮ったり、コゴミを採ったりしながら沢に近づくと シラネアオイが待っていてくれました。思わず声が出る。 ツバメオモトは、きれいな青い実をつけるやつだったのですね。 蕗も少し採りましたので、晩酌はコゴミと蕗です。

続きを読む

標高550メートルの春 (1)

ふもとではライラックが盛りで、26度まで気温が上がりました。 朝から名物のポプラの綿毛も飛びはじめました。 北国の5月は、あっという間に季節がすすみます。 もう少し春の中に居たい気持ちがあり、手稲山の中腹へ行ってみました。 歩きはじめは残雪がありましたが沢沿いをゆっくり下ると、まだ早春の花が 待っていてくれました。 (つづく)

続きを読む

妻の入院。

いつも元気いっぱいの家内が入院手術。 あまり良くない病名です。 たまたま今日は僕も娘も休みで、大きな病院へ。 施術はうまくいったみたいで、なによりです。 週末には退院出来そうですので、お好みのお寿司でしょうか。 それとも、ラーメンでしょうか。

続きを読む

早春の花を見にいく (3)

オホーツク高気圧のブロックで低温がつづきます。 今朝も4時に目が覚めましたので、春の花を見てきました。 この低温の数週間が当地の自然には有用なのですね。 エンレイソウが好きで、いつも気になります。 今年はじめてのスミレにも会えました。 カゲロウのフライを巻いてみました。

続きを読む

早春の花を見にいく (2)

みどりの日の今朝、早く目がさめたので花を見てきました。 最初に会ったのがヒトリシズカ。こんなに早い時季に咲くのですね。 (後ピン、ご免なさい。) 明るい林の中、お馴染みのエンゴサクがまだ咲いていてひと安心。 コゴミを少し採らせてもらい、今日の晩酌は楽しくなりそうです。

続きを読む

早春の花を見にいく。

大型連休が始まる前に早春の花を見てきました。 目的地は写真愛好家が集まる某神社の敷地。 平日ですが境内には20人くらいの人が立派な機材を構えて 咲きはじめのカタクリとエゾエンゴサクと小動物を撮影中。 ここは、僕の場所ではないかな。 さらに北へ移動して馴染みの渓流沿いの林道へ。 雪がまだ残っていましたが、自分のペースで遊ぶことができました。 やはり渓流のあ…

続きを読む

ひと月遅れのホタルイカ

当地でも例年2月の中旬には見かけるホタルイカですが 今年はなかなか逢うことができず、日々悶々と過ごしていました。 家人から入手したよ!とのメールが来たのが今日3月17日。 このひと月、休日に近郊の鮮魚売り場を巡回しておりました。 家人は隣接する競合店に勤務しており、そちらで購入したものと思いきや 僕の初ホタルイカは、勤務する店の鮮魚コーナーにありました。 …

続きを読む

ねじ式から50年

つげ義春さん(1937年生まれ)の記事が北海道新聞に掲載され 改めて本棚の「ねじ式」を出してみました。 風邪をひいて見る夢みたい。 でも凄く好き。 記事で紹介された矢崎秀行さんの書籍 つげ義春 「ねじ式」の秘密を購入しました。 日々、メメクラゲとかに用心して楽しみたいものです。 ねじ式 (小学館文庫)小学館つげ 義春ユー…

続きを読む

洋梨。

勤務する商業施設にケーキ屋さんがありまして ここ何日か洋梨を熟成中。 女子なら、かわいいと言ってスマホで撮るのでしょうが。 当方、ショップの店長に承諾をいただき撮影。 クリスマスのころには、ケーキにサンドされるのですね。 彼たち、妙に存在感があってお願いした訳です。

続きを読む

娘と忘年会。

5年ぶりに娘と飲みました。 なかなか日程が合わず先日、やっと実現しました。 せっかくですから地元のチェーン店ではなく、地下鉄終点の渋い縄のれんで。 娘は私とちがってのん兵衛ではありませんが、肴の好みは完全なおやじ。 煮込み、串、たち(鱈の白子)、あんきも、なまこ他。 他愛のない世間話でビールと日本酒を。 彼氏の話もはじめて聞けました。 ふたりで飲みに出るのも最後にな…

続きを読む

XT-2 その後 (2)

11月某日、小春日和の早朝。 階段の窓から見える青空と朝の光がうれしくて撮影してみました。 1/210 F5.6 ISO200 PROVIA

続きを読む

XT-2 その後。

うむ。立位置が全然ゆるいですね。 もっと、もっと水の中へ入って流れの表情を。 勤務先の商業施設のショップでムートンの敷物を購入しました。 毛足が長いのでいろいろ使えそうです。 絞り開放。うしろボケ反省。

続きを読む

夕張と芦別。

              F8 ・1/27 ・ -2補正・ISO1600 9月29日の夜明けです。11時が芦別、12時が1415峰、13時が夕張です。

続きを読む

旨い刺身を食べたい!

やはり、人生の楽しみは仕事のあとの晩酌なのです。 次に休日、朝ごはんのあとの二度寝。 当地北海道では、海水温の上昇で獲れる魚が変わってしまい 名物のスルメイカも庶民には買えない高級品になりました。 普段は船上冷凍のカツオをおろしニンニクでごまかして頂いております。 今日は、富山の生ホタルイカの解凍ものを。 解凍のカツオは安価で味も良く、良い肴ですね。 ただし昔、…

続きを読む

いい季節になりました。

やはり春はいいものですね。 冬の靴や防寒着を仕舞って、新調したベストを羽織って晩ご飯の食材を買いに。 そろそろ毛鉤を用意しなくてはいけません。 昨年はいろいろストックしたのですが今年はサッパリ。 どうも直前のタイイングになりそうです。 フライ釣りも11年目になります。 ではまた。

続きを読む

春は足もとから。

この冬の間お世話になった、モンベルのネージュ・ウォーカー。 雪道やアイスを相当歩きましたが、まずまずの性能でした。 ただし、雪の歩道から暖房中の商業施設のフロアに入った際はすべりますので 要注意です。 当地も雪がなくなりましたので、無雪期用の靴を新調しました。 子供のころ雪がとけて短靴に履きかえるときのわくわく感、北国に住む者しか分かりませんよね。

続きを読む

ホタルイカの釜あげ。

2月も、あと10日ほどです。札幌市の今朝の積雪は70センチ。 西日本の日本海側の豪雪は大変でしたが、当地は少雪の冬でした。 好物のホタルイカが店頭に並ぶ季節になりました。 今年も美味しくいただけることに感謝したいものです。

続きを読む

奈良美弥子さんの写真展へ。

奈良美弥子写真展 「土に生きる」 大地のうたがきこえる 富士フィルムフォトサロン札幌にて2月3日~2月8日の開催でした。 最初は6日(月)に拝見して写真集を購入。 帰りしなに、また遊びに来ていいですか。とお聞きすると 「どうぞ、8日までやっていますので。」とのことで翌7日にもお邪魔しました。 奈良さんの写真は農家さんの存在が大きな魅力になっています。 何度も見てしま…

続きを読む

三日坊主クリア(英会話)

年のはじめと言うことで。 英会話教室の先生に相談して、教材を用意しました。 娘には前から、英会話をやるつもりだ!と言っていたのです。 「CDはウォークマンとかに入れたほうがいいよ。」とのこと。 すっかりラジカセで聴くつもりでしたので、おおその手があったのか。 と妙に感心した訳です。あせらず、長くつづけたいものです。

続きを読む